かわいがり


兄弟子が弟弟子に胸を出し通常よりも厳しい稽古をつけること。かわいがるとも呼ぶ。

同じ部屋内で行われる事はもとより、常陸山→太刀山→栃木山→玉錦→双葉山と時代を担った横綱は一門の枠を超えて期待の若手をかわいがって次代の横綱を育ててきた。

期待しているからこそ心を鬼にして稽古をつけるケースが多い。次の場所で勝ち越せれば幕下に昇進出来るなんて時には重点的にかわいがられたりする。

一方で何か悪い事をした力士に対して懲罰的な意味合いを持って行われる場合もある。

これを逆手にとったのか、かつて某部屋の某力士は遅刻などの素行不良を繰り返し、懲罰的にかわいがってもらってるうちにその稽古の成果が出て強くなってしまい関取昇進を果たしたという逸話が残っている。


しかしながら近年この言葉が広まったのは時津風部屋力士リンチ死事件によるところが大きい。

竹刀や木刀で叩く、塩や土俵の土を口につめるといった事例も報告されている。


相撲用語トップへ