明荷

本場所や巡業で関取が様々な道具を運び、保管する道具。幅80センチ、高さ30センチ、奥45センチの直方体。色は緑とオレンジ。

スポーツバッグの相撲版と考えて良い。化粧廻し、締め込み、着替えなどを入れる。ただ、持ち手がないので運びずらい。それがまた付け人が関取の明荷を運ぶのが鍛錬になるとされる。重量は30s程度(中身あり)。

支度部屋ではどこにどの力士がいるかの目印にもなる。

入門同期生がお金を出し合って、プレゼントするのが慣例となっている(参考:マイ座布団)。入門者は減っており、そういう時は自費で買うのか、師匠や後援会がプレゼントするのか不明。

横綱は3つ、それ以外の関取は1つ持ち込める。名前は3文字まで入れられる。「白鵬」のように2文字力士は中央に家紋を入れる。

逆に4文字以上の力士は1文字を小さくしてごまかす。十両格以上の行司も持ち込める。

相撲用語トップへ