関脇

高見山 酉之助
-優勝額第1号-

生年月日 1873年10月25日
初土俵 1895年6月
新十両 1904年1月
新入幕 1907年1月
最終 1913年5月

得意手 左四つ、寄り
四股名変遷 加増山→大海→加増山→高見山
所属変遷 高砂
通算成績 59勝38敗55休19分1預り(20場所)
幕内成績 43勝29敗55休13分(14場所)
幕内最高優勝 1回
幕内準優勝相当 1回


-優勝額第1号-
国技館には幕内最高優勝者を称える優勝額が飾ってある。その第1号は高見山酉之助。初代個人優勝者だ。本名は吉岡酉之助といい、1873年10月25日生まれ。

同時に旧両国国技館最初の優勝者でもあり、そのタイミングの良さにより大相撲史に永遠に名を刻まれることになった。


-太刀山を破って初代優勝者-
1895年6月に序ノ口で初土俵。

出世はスローペースで十両昇進は1904年1月場所。実に9年間かかった。十両でも苦戦し07年1月場所に新入幕。

139`と当時としては巨漢力士で出世同様相撲は遅く、左四つに組み止めてジワジワと攻める取り口だった。

09年6月場所は国技館オープンの場所。物珍しさもあって場所はなかなかの盛況ぶり。高見山は2日目に新大関・太刀山と対戦。太刀山の叩き込みにも動じず、一気に寄り倒す。当時、既に最強だった太刀山を破る大番狂わせで勢いに乗る。

千秋楽も掛け投げの名手・鳳の攻勢を耐えて引分に持ち込み、結果7勝3分で初代個人優勝に輝いた。

同時に東西制下で属した側の関脇以下最優秀成績力士の初代優勝旗手の座も得た。

速攻力士には弱く、特に玉椿に苦手意識を持っていた。最高位は関脇だが、三役では勝ち越したことはなく、大関候補ではなかった。
                         

忘れたくない力士たちトップへ戻る