勾当台公園
-谷風梶之助像が仁王立ち-

筆者所用があり、仙台へ。仙台そのものは最近は毎年のように行っているだが、仙台駅付近というと話は別で初めてになる。

筆者は大宮から新幹線に乗り込み、仙台へ。10時00分に大宮を出発した新幹線は景色をゆっくり楽しむことを許さない。1時間07分後には仙台に到着した。

仙台に行く機会を得たからには、絶対に行くんだと強い決意を持っていたのが勾当台公園だ。こうとうだいこうえんと読む。
史上最強「横綱」に挙げる人も多い、あの谷風梶之助像がある。谷風はこの勾当台公園のある仙台市青葉区の出身だ。

なお、仙台に住んでいた知人もこの谷風像の存在は知らなかった。地元の若い人に「谷風梶之助像はどこですか」と尋ねたが、やはりわからないという回答をいただいた。

知名度の方はそうでもないようだ。

さて、谷風像、堂々とした姿である。谷風は188cm、160`。現代でも大きな力士だが、江戸時代は155cmから160cmが男性の平均身長だったといわれてるから、いかに図抜けた存在だっただろうか。

うん、強そうだ。実に強そうだ。白鵬は身長が谷風より約4cm高いが、体重はほぼ同じ。個人的にはこのくらいの身長、体重が一番バランスが良い気がする。

この勾当台公園は谷風像だけの公園ではない。仙台駅から歩ける範囲にあり、県庁も近くにある。多くの人に愛されている憩いの場である。その中の一角に谷風像があるのである。

自然が多く、まさに「杜の都」にふさわしい都市公園である。こんな素晴らしい公園が自分の住む街にもあればいいの・・・と羨ましい気持ちになる。

仙台には他にも相撲関連の史跡は多いが、筆者には大切な所用があり、その待ち合わせの時間があった。しかも次の日には東京で合コンに参加した関係でこの1カ所に想いの全てをぶつけることになった。

像、公園ともに素晴らしい。


【アクセス】
JR仙台駅西口から歩ける距離にあるが、地下鉄が便利だ。2014年5月時点では仙台には地下鉄は1路線しかないので大丈夫だと思うが、今後増えるとか。勾当台公園駅から降りればすぐだ。

【参考地図】

史跡トップへ
トップページへ