投げ手 片足を相手の内股に入れて掛け、跳ね上げながら投げる。投げの打ち合いを制する為に足を掛けた場合も掛け投げ。 鳳、日馬富士、隆の山 肩透かし(Katasukashi) 捻り手  差し手を相手のわきに引っ掛け、体を開きながら前に引きもう一方の手で相手の肩を叩き、倒す。慣用句の肩透かしの語源。 旭富士  合掌捻り
(Gassyohineri)
捻り手  相手の背中に両手を組んでひねり倒す琴富士  S  河津掛け
(Kawadugake)
掛け手 相手の足の内側に自分の足を掛け、腕を相手の首などに巻いて自分の後方に倒す。柔道にもあるが、現行ルールの柔道では一発反則負けの可能性もあるので注意。 貴ノ浪  A  極め出し
(Kimedashi) 
特殊技  相手の差し手を極めて動きを封じて土俵外に出す。大型力士の得意技で相手は関節を痛めるリスクが高い。小・中学校相撲では禁じ手に指定される。  高見山、 鳳凰 極め倒し
(Kimetaoshi) 
特殊技  相手の差し手を極めて動きを封じて倒す。土俵の内外は関係ない。。大型力士の得意技で相手は関節を痛めるリスクが高い。小・中学校相撲では禁じ手に指定される。  高見山、 鳳凰 B 切り返し
(Kirikaeshi)
掛け手 手の膝の裏側に自分の膝を当て、相手を後方に倒す。 舞の海  B  首投げ
(Kubinage) 
投げ手  自分の腕を相手の首に巻きつけ、巻き込むように投げる。  栃錦、安芸乃島  B  首捻り
(Kubbihineri) 
捻り手  相手の首を抱えて逆の手で相手の差し手を抱え、首を抱えた手の方に相手を捻り倒す技。かつては幻の技とまで言われたが、近年、外国人力士が使用している。  朝青龍、朝赤龍、黒海 蹴返し
(Kekaeshi)

掛け手  土俵上での攻防(立合いの瞬間は含まれない)の中で相手の足を蹴って倒す。立合いでやると蹴手繰りになる。  栃剣  A 蹴手繰り(Ketaguri)  掛け手 立合いの瞬間、相手の足を蹴って倒す。 奇襲の一種と見なされる事が多く、横綱がやって非難を受けた先例もある。 吉葉山、日立龍、時天空  B 腰投げ(Koshinage)  投げ手  相手の体を自分の腰に乗せて投げる。柔道の大腰に相当するが、相撲の場合は膝をついたら負けになるのでなかなか見られない。  若の里  小褄取り(Kodumatori) 掛け手  相手の足首を掴みそれを引き上げて倒す。  白馬  小手投げ(Kotenage)  投げ手  相手の差し手を抱え込んで廻しを取らずに投げる。肘を極めて投げるので投げられた方は角界を去る原因になる程の重大な怪我を負うこともある。  男女ノ川、魁皇  小股すくい
(Komatasukui) 
掛け手  投げを放った後に相手がこらえようと前に出した足の内側を片手ですくって倒す。  出羽ノ花、舞の海  小手捻り
(Kotehineri) 
捻り手  相手の腕を抱え、抱えた方に捻り倒す。 首にも手がかかっている場合は首捻りが優先して採られる。 栃乃洋、旭天鵬  逆とったり(Sakatottari)  捻り手  相手がとったりを仕掛けてくることが前提。 抱えられた腕を抜いて腰を捻ったり、逆にわきの下に入った相手の腕を捻りながら相手を倒す。柔道の講道館ルールでは反則となる可能性もある危険な技。 栃赤城  鯖折り(Sabaori)  捻り手  外四つの状態から相手を引き付けて、上からのしかかるように体重をかけ相手の膝をつかす。太刀光や小錦といった横綱候補もこの技を受け相撲人生が狂った。  出羽ヶ嶽、大起  A 下手投げ(Shitatenage)  投げ手  差し手で相手の廻しをつかみ投げて倒す。下がりながら打つ場合が多い技なので輪島以前は「下手投げの力士は大成しない」とまで言われていた。  輪島、舞の海  下手出し投げ
(Shitatedashinage) 
投げ手  下手で相手の廻しを取り、廻しとは逆の足を引いて、相手を引きづるように自分の前方に投げる。浴びせ倒しを喰らうリスクが高く上手出し投げのように使い勝手が良くないのでなかなか見られない。 白鵬、稀勢の里  A 下手捻り
(Shitatehineri) 
捻り手  下手で相手の廻しを取り、下手を引いて捻って倒す。相手の足が流れているときがチャンス。  千代の富士 撞木反り
(Syumokuzori) 
反り手  相手の懐に入り込み、相手を肩の上に担ぎあげてから後ろに反り倒す。 幻の決まり手の中の幻の決まり手。使い手は確認出来ない。大学のインカレなら決まった事はある。 ?  SS  掬い投げ
(Sukuinage)
投げ手 廻しを取らず、差し手で相手をすくうようにして投げる。柔道の掬い投げとは名前が同じだが、中身は全く異なる。 大鵬、旭富士  裾取り
(Susotori) 
掛け手  相手に投げを打たれた時に、手で相手の足首を外側から取って倒す。滅多に見られない。  日馬富士  裾払い
(Susoharai) 
掛け手  相手の横につき、相手の足首を後ろから蹴って倒す。 栃赤城、日馬富士、時天空  頭捻り
(Zubuneri) 
捻り手  頭をつけて、差し手を掴んで頭を軸に相手を捻り倒す。 旭豊、古市  素首落とし
(Sokubiotoshi) 
特殊技  相手の後頭部、または首をたたいて相手を手前側に倒す。現実では力士には首がほとんどないので後頭部のみが対象。少しでも背中に触れると叩き込み、引き落としと判定される。 千代大海  S  外掛け
(Sotogake) 
掛け手  自分の足を相手の足の外側から掛けてバランスを崩し、仰向けに倒す。相手の投げに対して踏ん張る対抗手段でもあり、同時に勝負を決める技にもなる。 安藝ノ海、安美錦  C  外小股
(Sotokomata) 
掛け手  相手の横につき、出し投げを警戒し重心が後ろに傾いた時に、外側から相手の近い方の足を取って倒す。 白馬  外襷反り
(Sototasukizori) 
反り手  片手で相手の差し手の肘を掴み、もう片方の手を相手の差し手の上から通して内股を掬い上げて、反るように倒す。幻の決まり手。 栃錦  SS  外無双
(Sotomusou)
捻り手  差し手を抜いて、相手の対角線の足の膝を外側から払う。同時に相手の差し手を抱え込んで捻り倒す。決まると最高に鮮やか。近年は幻の決まり手になりつつある。  出羽湊、二子岳、旭鷲山  襷反り
(Tasukizori) 
反り手  相手の差し手を抱え、その腕の下に潜り込み、もう一方の手で相手の足の内側を取り、襷をかけるように持ち上げ最終的には後ろに反って倒す。半世紀に一度とも言われる大技。  両國、栃錦  SS  ちょん掛け
(Chongake) 
掛け手  自分の足首を曲げて、相手の足の内側から掛けて倒す。変な名前の決まり手と思われるかもしれないが、手斧(ちょうな)をかける仕草に似ていることが語源。 松ノ里、安芸乃島、鬼嵐  突き落とし
(Tsukiotoshi) 
捻り手  片手を相手のわきに当てて、体を開きながら斜め下に押さえつけるように倒す。 稀勢の里  突き倒し
(Tsukitaoshi) 
基本技  相手の胸や顔を手のひらで突いて倒す。土俵の内外は関係ない。  板井  突き出し
(Tsukidashi) 
基本技  相手の胸や顔を手のひらで突いて土俵の外に出す。勝負がついた瞬間、お互いが離れている点が押し出しと見分けるポイント。  太刀山、千代の山、曙  伝え反り  反り手  相手のわきをくぐり抜けて体を反らして相手を倒す。  朝青龍、里山  吊り落とし
(Tsuriotoshi) 
特殊技  相手を吊り上げてその場で叩きつける。かつては幻の技だったが、朝青龍が多用し、彼の代名詞になった。  朝青龍、舞の海  吊り出し
(Tsuridashi) 
特殊技  手の体を吊り上げてそのまま土俵外へ出す。吊り出す過程で自分の足が先に土俵を出ても送り足が適用され負けにはならない。 ただし、後方に下がって出た場合は適用されない。 明武谷、霧島  褄取り
(Tsumatori) 
掛け手  相手が泳いだ時につま先を取って後ろに引き上げて相手を倒す。幻の決まり手。幕末の両國が得意としていたという記録もあるが、当時の褄取りは現在の小褄取りや裾取りも含んでいたという説が有力。 曙  掴み投げ
(Tsukaminage) 
投げ手  相手の後ろ廻しを掴み、持ち上げて自分の後方に投げる。 白鵬が大相撲トーナメントで決めたことがあるが、あれはどう見ても櫓投げである。 常陸山  徳利投げ
(Tokkurinage) 
捻り手  相手の首や頭を両手で挟んで捻り倒す。なお、 両耳を同時に張った場合は反則負けになるので注意。 大達 とったり
(Tottari)
捻り手  相手の片腕を両手で抱え、体を開いて捻り倒す。喰らった方は肘に大きな負担がかかる事がある。  旭國  二丁投げ
(Nicyonage) 
投げ手  自分の右(左)足を相手の右(左)足の外側に掛けて相手を投げる。  鏡岩、貴闘力、雅山  A   二枚蹴り
(Nimaigeri) 
掛け手  相手の体を吊り上げんとするところで自分の右(左)足を相手の左(右)足首の外側を蹴り、蹴った足の方に倒す。  栃錦、双葉山、藤ノ川  叩き込み
(Hatakikomi) 
特殊技  体を開きながら相手の首、肩、背中を叩いて倒す。注文相撲の代名詞。学生相撲出身者が増えた事もあり、近年急増しているのが問題となっている。 舛田山、雅山、千代大龍  C   波離間投げ
(Harimanage) 
捻り手  片手で上手を取り、もう片方の手は肩越しにして上手を取って、後方にうっちゃるように投げ捨てる。  明武谷、把瑠都  A  引き落とし
(Hikiotoshi) 
特殊技  相手の腕や前廻しを引いて自分の手前に引いて倒す。失敗すると呼び込んでしまい、敗北に直結する上に、高確率で非難をされるリスクの高い技。  千代大海、雅山  C  引っ掛け
(Hikkake) 
特殊技  相手の腕を片手は内側から、もう片方は外側から引っ掛けて相手を土俵の外にだすか、前に倒す。 土佐ノ海  巻き落とし
(Makiotoshi) 
捻り手  相手が無理に出てきたところを差し手で相手の体を抱えて、上手側は突き落とすか小手で差した方に捻り倒す。 五ツ島、武双山  三所攻め
(Mitokorozeme) 
掛け手  片足で内掛け、片手で足を掬う渡し込み、頭で相手の胸を押して倒す。三か所を攻めることから三所攻めと言われる。三か所攻める事が肝心で内掛けが外掛けになったとしても三所攻めになる。  玉椿、舞の海 櫓投げ
(Yaguranage) 
投げ手  相手の内股に自分の膝か太ももを入れて、吊り上げるようにしてから投げる。豪快で盛り上がるが強靭な足腰が必要な為、近年は幻の決まり手になっていたが、朝青龍が蘇らせた。 常ノ花、両國、朝青龍  呼び戻し
(Yobimodoshi) 
特殊技  差し手を返して、上手から呼び込む。相手が堪えようとしたところを差し手で突きつけ相手を倒す。仏壇返しの異名を持つ豪快な技で初代若乃花の代名詞。古くは太刀山も決めていた。  太刀山、若乃花(初代)  SS  寄り切り
(Yorikiri) 
基本技  四つに組んで自分の体を相手に密着させ土俵外に出す。差し手方向に寄っていく。上手方向でも構わないが、逆転技を喰らいにいくようなもので相撲を知っていれば上手方向にいくことはまずない。  貴乃花  c  寄り倒し
(Yoritaoshi) 
基本技  四つに組んで自分の体を相手に密着させ倒す。土俵の内外は関係ない。  大乃国  C  渡し込み
(Watashikomi) 
掛け手  相手の膝が太ももを外側から片手で抱え込んで、もう片方の手で相手を押し込み体も預けて倒す。足も掛かれば三所攻めとなる。  翔天狼  割り出し
(Waridashi) 
特殊技  片手で相手の腕を掴みか相手の体を押して、もう片方の手で廻しを取るか小手に巻いて土俵外に出す。列に並んでいる人を割り込むような形に見えることから。  玉乃島 


勝負結果一覧

勝負結果 概要 代表的な事例 レア度
勇み足
(Isamiashi)
相手を土俵際に追い詰めたまでは良かったが、相手を土俵外に出す前に自分の足が先に出てしまった結果。吊り出しの場合は先に出ても送り足となり勇み足は適用されない。 武蔵丸、柳川
腰砕け
(Koshikudake)
相手の力が加わっていないのに腰から崩れるように倒れた結果。 武雄山、安美錦 
つき手
(Tsukite)
相手の力が加わっていないのに手をついた結果。 妙義龍 B
つき膝
(Tsukihiza) 
相手の力が加わっていないのに手をついた結果。 旭天鵬、柳川 
踏み出し
(Fumidashi) 
相手の力が加わっていないのに土俵外に出た結果。  朝嵐 


反則

反則(通称) 概要 代表的な事例 レア度
急所をつく
(Kyusyowotsuku)
急所をついてしまった反則。急所とは目やみぞおちを指す。 これはかなり甘めで、明らかな故意でない限り反則にはならない。 ?  SS 
拳で殴る
(Kobushidenaguru) 
握り拳で殴ってしまった反則。いわゆるパンチ。拳ではなく平手なら問題ない。手をテーピングでグルグル巻きにしてガチガチに固めても殴っても、グーでなければ問題ない事は確認されている。  琴冠佑(支度部屋にて)  SS 
たてみつを掴む
(Tatemitsuwotsukamu) 
たてみつを掴んでしまった反則。少しくらい触るぶんには問題ないが、勝負に直結する掴み方であれば反則とになる可能性が高い。 ?  SS
喉を掴む
(Nodowotsukamu) 
喉を掴んでしまった反則。喉輪は問題ないが、首を絞めるような行為は反則となる可能性が高い。  ?  SS 
前袋を掴む
(Maebukurowotsukamu) 
前袋を掴んでしまった反則。最初から不浄負けを狙って来る事を防止している。  ?  SS 
髷を掴む
(Magewotsukamu)
故意に相手の髪を掴んでしまった反則。多少触ったくらいなら問題ないが、掴んで引き倒した場合などは反則になる可能性が高い。引き技で完璧に倒した後につく物言いはだいたいこれ。 朝青龍 B
胸や腹を蹴る
(Muneyaharawokeru) 
胸や腹を蹴ってしまった反則。足を蹴るぶんには蹴手繰りなのでルール上は問題ない。  ?  SS 
両耳を同時に両手で張る
(Ryomimiwodoujiniryotedeharu)
両耳を両手で同時に張ってしまった反則。片手なら問題はない。 SS 
指を折り返す
(Yubiwoorikaesu)
相手の指を折り返してしまった反則。1本の場合はもちろん2本でもこの反則が適用される。 SS    


特殊ケース

特殊ケース 概要 代表的な使い手
レア度
五輪砕き
(Gorinkudaki)
もろ差しの体勢で相手の頭を自分の腹につけさせ、両腕を極める。苦痛は想像を絶するものがある上に首が折れて死んでしまう可能性があり、この状態になった時点で勝ちになる。 栃赤城 SS
不浄負け
(Fujyomake)
勝負規定第16条に定められている。廻しの前袋が外れてしまった反則。外れた方が負け。「もろ出し」などとも呼ばれるというか揶揄される事もある。外れた時点で即刻反則負け。  男嶌、朝ノ霧  SS 




トップページ