柏鵬拳銃密輸事件
-柏戸、大鵬の両横綱が拳銃を密輸し書類送検-

現役横綱2名が拳銃を密輸し、書類送検−。

発端は5月場所3日前の1965年5月6日、元大関・若羽黒の草深朋明氏が拳銃を不法所持していた上、暴力団にも売り渡していた容疑で逮捕される。この時点で草深氏は既に協会員ではない立場であったが、事件は思わぬ方向に角界に飛び火する。


5月場所3日目にあたる5月11日、元横綱・千代の山の九重こと杉村昌治氏が拳銃1挺と実弾5発を持って出頭し取り調べを受ける。弟子から預ったという証言し、九重部屋の現役力士が拳銃を不法所持していることが発覚。この時点では捜査当局は場所中である事を考慮し、協会による独自の調査を求めた。

協会の調査の結果、他に現役関取2名が拳銃を所持していた事が判明。それが柏戸、大鵬の両横綱であった。現代なら発覚した段階で暫定的に出場停止処分を受け、場所後に引退に追い込まれるパターンだろうがこの時代は元気とは言えないまでも翌日以降も土俵に上がり続けている。

5月場所では2場所連続全休明けの柏戸は13日目に大鵬との一番を制するなど9勝6敗と最低限の成績は残したが、大鵬は同じ9勝6敗でも酷評され、ついには元横綱・双葉山の時津風理事長からも「事件は忘れて集中しろ」と叱咤される。


場所が終了し、まず5月24日に柏戸こと富樫剛氏が出頭。次いで6月1日に大鵬こと納谷幸喜氏も出頭した。両横綱とも拳銃は隅田川に捨てたと述べ、証言に基づいて捜索が行われたが、発見されなかった。6月15日、両横綱は罰金3万円の略式起訴処分を受けた。この他に元横綱・千代の山の九重、豊国、北の富士が書類送検され一応の決着がついた。

協会からの処分は譴責(事実上のお咎めなし)で済んだ。

ちなみに世論はどうだったかと見ると実に時代を感じさせ興味深い。「現役横綱2人がピストル不法所持!」という見出しの記事は現在なら一面トップ記事だが、当時はスポーツ新聞の相撲欄に片隅に約10行の扱いであった。




大相撲事件史トップへ