佐渡ヶ嶽部屋フグ中毒死事件
-フグを食べた6名が中毒になり、うち2名が死亡-

1963年11月11日、この日は11月場所2日目だった。

11月場所の開催地・福岡はフグの名産地として知られている。九州場所ということで名産品を食べようとしたのだろう。佐渡ヶ嶽部屋の三段目以下の力士6名がフグを調理し夜のちゃんことして食べた。食べ終えたところ中毒症状が出て6名は病院に運ばれた。

12日に1名、14日に1名と計2名が亡くなった。

6名はいずれもこの日のちゃんこ番を務めていて、他力士が食べた後に毒がある内臓を鍋に入れてなぜか食べてしまった。

後の関脇・長谷川もちゃんこ番だったが、腹痛で消火の良いうどんを外食していて難を逃れた。

場所中の悲劇に勝負検査役だった師匠の元小結・琴錦の佐渡ヶ嶽は検査役を辞した。亡くなった力士はいずれも18歳。悔やまれる死である。


大相撲事件史トップへ