NHK誤報で本場所打ち切り
-NHKが正午のニュースで中止と誤報して、本場所が途中打ち切りに-

明治神宮外苑相撲場で行われた1947年6月場所。

迎えた4日目、どういうわけか会場に姿を見せず休場扱いになる力士が続出した。客席に目を転じると観客も妙に少ない。

おかしいと思い確認してみると、NHKの正午のニュースで「本日の大相撲は中止」と流れていた。

ニュース、それもNHKで流れたのだから、力士や観客が来ないのも致し方ない。

協会は取組を途中で打ち切り。入れ掛けという通常は雨天で行う措置を取った。

なぜ、中止という誤報が流れたかは未だによく分かっていない。


大相撲事件史トップへ